※申し込みにあたっては下記をご留意ください。

◎同一校での申込人員:2名以内

◎研修目的・方法について  

 研修目的については現在の研修課題・活動との関連性を含めて詳細に記載してください。
また、研修先機関についても詳しくご記入ください。講座・セミナーの受講の場合は
カリキュラム・日程等の詳細を記載した要領等及びその和訳を必ず添付してください。
 ※後日追加資料をお願いする場合があります。  
 
 

◎研修員の内定については2月予定(正式決定は3月末予定)

 

【参考】

助成金概算額(例)(4月以降出発の場合)

   期間

研修先国

1年

6ヶ月

3ヶ月

  1ヶ月

ヨーロッパ

  143万円

事業費内訳:

航空運賃 58万円

滞在費 228万円 

   86万円

事業費内訳:

航空運賃 58万円

滞在費  115万円 

  59万円

事業費内訳:

航空運賃 58万円

滞在費    60万円 

  40万円

事業費内訳:

航空運賃 58万円

滞在費  23万円

 アメリカ

  137万円

事業費内訳:

航空運賃  46万円

滞在費 228万円

   80万円

事業費内訳:

航空運賃 46万円

滞在費  115万円

  53万円

事業費内訳:

航空運賃 46万円

滞在費   60万円

  34万円

事業費内訳:

航空運賃 46万円

滞在費  23万円 

                         ◆予算及び申込状況により助成金額は変動します。

主な研修実績(例)

研修課題  所属・職種 研修先国・研修機関  研究方法 研修期間 
教員の多様性を活かした英語教育の方法論に関する研究 中高・教員 イギリス・キングスカッレジロンドン 大学内での講義聴講、ゼミ・ワークショップへの参加     日間365 
学校ボランティアを通じた海外ボランティア及びカナダ中等教育の調査研究 中高・教員 カナダ・ILSC トロント、MLI 実践的な語学力の習得とカナダの中等教育機関でのボランティア活動の実施 364
日本語を母語とする英語学習者に対する発音指導法の研究 高校・教諭 イギリス・ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン  指導教授の下での授業聴講及び文献の調査等 363
西ヨーロッパにおける近代都市の形成過程に関する研究―産業革命期におけるイングランド中部工業都市の発達を事例として― 中高・教員 イギリス・バーミンガム大学 図書館他 都市の実地調査や図書館を中心とした文献収集 363
ライティングの過程における他者とのインタラクションが書き手に及ぼす効果について 中高・教員 イギリス・ロンドン大学教育研究所 講義の受講、文献調査によるライティングの研究分析、ライティングセンターの運営方法等の分析 363
Paulinianの精神を学ぶ 中高・教員 フィリピン・セントポールユニバーシティ 修道会が経営する学校の視察及び奉仕活動への参加 336
声楽の研鑽とイタリアの音楽教育の実地調査 中高・教員 イタリア・ブレーシャ音楽院他 声楽のレッスン及び現地中高等学校での音楽教育の実施調査による日本の音楽教育との比較検討 302
語学能力、コミュニケーション能力の習得・向上と実務体験を通した自学の国際化へ貢献 大学・職員 イギリス・リーズ大学他 語学の向上を目的とした研修と現地大学での留学生受入制度の調査 59
語学研修とナショナリティーによる教育観の違いに関する研究 中高・教員 イギリス・オックスフォードイングリッシュセンター 留学生へのリサーチ(リサーチペーパーの配布)による調査 34
アメリカにおける幼児教育カリキュラムの構成と遊びの環境作りについて 幼稚園・教諭 アメリカ・シアトルの幼児教育施設他 幼児教育の実践の場の視察及び大学での幼児教育についての考察・研究 29
高校3年間で学力はどのように伸びていくのか
―共分散構造分析を用いた時系列変換の分析
高校・教諭 オランダ・ユトレヒト大学 統計学の講義と実践によるプログラムの受講 20
第二外国語学習者に対する異文化交流サポート及びキャリア教育の調査・研修 大学・職員 台湾・和春技術学院 国際交流や留学プラグラムのサポート体制の調査及び第二外国語学習者の進路調査 15
最新の英語指導法の習得、英語で授業を行うための英語運用能力の向上、及び各国の英語教育事情に関する知識を得る 中高・教員 イギリス・ケンブリッジ大学 日本国際理解推進協会の主催する講座での研修 13